Recruit Contents
TOP
社員の声1
社員の声2
社員の声3
採用担当者の声
採用Q&A
人材育成
仕事の流れ
募集要項
エントリー

前職にはなかった感動。ライフラインをつなぐ達成感と喜び。

武藤 貴昭 施工管理 工学部電子工学科卒業 1998入社 本社 電設工事部 電設課
  • 「大きなことがしたい」と、松田電気工業に入社。

    前職では薬品業界で製造ラインなどのメンテナンスを行っていましたが、「もっと大きなことがしたい」と思い、中途採用で松田電気工業に入社しました。現在では「施工管理」という職種につき、お客様や機器メーカーの担当者と打ち合わせを基に図面を作成し、図面通りに施工が行われているか管理・指導しています。

  • 街全体のライフラインに関わる。難しく、責任も重い

    この仕事について「難しい」と思ったのは、お客様の都合による仕様変更への対応です。電気工事は建物全体や時には街全体のライフラインに関わるので、決められた工期内に、完全な状態で提供しなければいけません。その責任は非常に重いものです。急な変更を依頼される場合を想定してあらかじめ手を打っておく、先輩や工事担当者と協力し合うなど、品質を落とさず工期内で竣工を終わらせるのには労力を費やします。しかしその苦労が大きいほど、やり遂げた際の達成感は今までになかったものがあります。

  • 日常の暮らしを支える、そこに感動があった。

    実際に電気がついた時は感動的です。スイッチを押したら、建物に電気がつく。普通のことなんですけれど、「普通」の状態にすることが難しく、その分喜びもありました。その喜びがやりがいにつながり、「次もがんばろう」、「もっと大きな仕事がしたい」と思います。
    これからも多くの経験を積み重ねてステップアップし、もっと大きな仕事ができる施工管理者になりたいです。